Tickets purchase
VideoPass purchase
News
26 days 前
By Aprilia Racing Team Gresini

バウティスタ、最高位獲得直前に転倒

昨年復帰したアプリリアでの最高位(6位)を獲得する直前に、週末4度目の転倒を喫し、チームに謝罪。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニのアルバロ・バウティスタは、第8戦TTアッセンの決勝レースで、14番グリッドから1ラップ目に17番手まで後退したが、赤旗提示前に10番手まで浮上。4列目からスタートしたレース2は、5番手を走るアンドレア・イアンノーネを追走したが、最終ラップの9コーナーで週末4度目、今季10度目の転倒により、今季3度目の転倒リタイアを喫した。

「ライダーの本能は、常に可能な限り最高の結果を追求する」

「レース1は困難だったけど、上手く走れていた。リスタートでは、落ち着いて、ラップ毎にトラックコンディションを確認しながら、ペースを刻んでいた。イアンノーネに抜かれたときも含めて良い感じで走れていた。最終ラップ、彼が少しラインを外した隙をついて抜こうとしたら、不運にも転んでしまったけど、あの状況でライダーの本能は、常に可能な限り最高の結果を追求してしまう。チームのみんなとアプリリアに申し訳ない。今唯一できることは将来を見て、成長を続けることだ」と、好走後の転倒を振り返った。