Tickets purchase
VideoPass purchase
News
18 days 前
By Team Suzuki Ecstar

ビニャーレス:「多くのことを学ぶ必要がある」

6戦連続7度目の1桁台完走で、総合4位とのギャップを7ポイント差まで短縮。

チーム・スズキ・エクスターのマーベリック・ビニャーレスは、第8戦TTアッセンの決勝レースで、今季のワーストグリッドとなる11番グリッドから1ラップ目に18番手まで後退。5ラップ目にホルヘ・ロレンソを抜いた後、3人をオーバーテイク。赤旗中断後、レース2を13番グリッドからスタートさせると、1ラップ目に17番手まで後退。5ラップ目にロレンソを抜き、9位でチェッカーを受けた。

「雨が問題だった訳ではない。僕たちは経験不足で、高い代償を払った。」

「残念。雨が大きな問題だった訳ではなく、僕たちは経験不足で、今日は最も高い代償を払うことになった。ドライで非常に高い戦闘力があったけど、雨が降ったとき、快適さを感じることができる適切なセットアップを見つけることができなかった。」

「両方のレースとも苦戦した。ドライならばグッドなチャンスがあると手応えを感じていたから悲しい。残念ながら、レインコンディションの中で、まだ多くのことを学び、成長する必要がある。全てを学習しているところだけど、今回の結果は、ポイントを稼いだ自体がポジティブなことだけど、僕たちの期待を下回ったのは確かだ」と、今季初のウェットレースを振り返った。

最高峰クラス1年目に経験したレインレースは、第12戦イギリスGPで11位、第15戦日本GPで転倒リタイア、フラッグ・トゥ・フラッグとなった第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニで14位だった。