Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By Avintia Racing

バルベラ、ベストグリッドを獲得

カタルーニャGPに続き、今季2度目となるドゥカティ勢の最高位グリッドを獲得。

アビンティア・レーシングのエクトル・バルベラは、第9戦ドイツGPの公式予選2で、ポールポジションタイムから0.412秒差の2番手。最高峰クラスでの自己最高位を獲得し、明日の決勝レースを2012年7月の第9戦イタリアGP以来4年振りとなる2度目の1列目から迎える。

初日総合7番手だった後、2日目は、フリー走行3でトップタイムから0.517秒差の8番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで18ラップを周回すると、1分23秒台を10回、1分22秒台を1回記録して、0.917差の12番手。

「上位進出が驚きだけど、僕たちの能力を証明した」

公式予選インタビュー

「最高峰クラスでのベストリザルトだ。すごく嬉しい。このトラックでの期待感は非常に高かった。2番手は信じられない。このプロジェクトを信じてくれた全ての人たちとチームに感謝したい。チームは週末を通じて良い仕事をしている。これほど上位に進出したことは驚きだけど、その一方で僕たちの能力を証明した。僕たちは使用しているのは、2年前のバイク。その性能を感じるから、常に少し無理しなければいけない。明日はドライレースになるか、ウェットレースになるか分からないけど、ベストを尽くす。グッドなリザルトを目指す」と、会心の笑みで振り返った。

Compañeros!!/Teammates!! #forzaducati #GermanGP #sachsenring #teammates #motogp

Avintia Racingさん(@avintiaracing_)が投稿した写真 -