Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2 days 前
By KTM Factory Racing

カリオ:「技術的な問題は全くない」

他車との比較検証で、最終戦バレンシアGPのワイルドカード参戦に向けて今後の改善点を確認。

KTMは、19日から2日間、第10戦オーストリアGPの開催地、ホームトラックのレッドブル・リンクで実施された最高峰クラスのプライベートテストに参加。テストライダーのミカ・カリオにとって、当地での初走行となったが、1日目はトップタイムから2.292秒差の16番手、2日目は82ラップを周回して、1.951秒差の17番手だった。

「パフォーマンスは期待を大きく超え、他のチームに大きな印象を与えた」

「僕たちのパフォーマンスは、期待を大きく超えるものだった。他車とのギャップはもっと大きいと考えていたけど、この2日間のテストで他のチームに大きな印象を与えることができた。技術的な問題は全くなく、これはハイレベルで多くの周回を重ねることができたことを意味する。」

「ステップ・バイ・ステップでラップタイムを伸ばた。今回は、開発よりもセットアップに集中し、周回毎に信頼感が高まった。他車と一緒に走ったことで、改良が必要な分野が明白になった」と、初めての合同テストで収穫が多かったことを説明した。

#ThrowbackThursday with @mikakallioofficial & @valeyellow46. ???????? #KTM #RC16 #READYTORACE #GivesYouWings ???? @philipplatzer

KTM Factory Racingさん(@ktmfactoryracing)が投稿した写真 -

推奨記事