Tickets purchase
VideoPass purchase
News
15 days 前
By motogp.com

エスパルガロ弟&ヤマハが2連覇を達成

2年連続のポールポジション獲得を27歳の誕生日を迎えた兄アレイシに、39回大会の優勝をゼッケン39を愛用していた故ルイス・サロンに捧げた。

モンスター・ヤマハ・テック3のポル・エスパルガロは週末、鈴鹿サーキットで開催された世界耐久選手権シリーズ第3戦、鈴鹿8時間耐久ロードレースに全日本選手権JSB1000王者の中須賀克行、スーパーバイク世界選手権に参戦するアレックス・ロースと共にヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームから参戦。2年連続のポール・トゥ・ウインを達成した。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームは、初日のフリー走行から公式予選、夜間走行、トップ10・トライアル、ウォームアップ走行まで1番時計を連発。路面温度が58度まで上昇した中、第1走者の中須賀が開始から40分経過でトップに浮上。その後は、安定したラップで周回を重ねて、コース改修後の最多周回数を更新。

チーム・グリーン(柳川明/レオン・ハスラム/渡辺一樹)は、2分17秒833秒差の2位。ヨシムラ・スズキ(津田拓也/ジョシュ・ブルックス/芳賀紀行)は、1周遅れの3位。

今季から世界耐久選手権に参戦するF.C.C.TSR・ホンダ(ドミニケ・エガーター/渡辺一馬/パトリック・ヤコブセン)は、3番手走行中の7ラップ目に転倒を喫したが、マシンを修復して18位。

ムサシ・RT・ハルクプロ(高橋巧/マイケル・ファン・デル・マーク/ニッキー・ヘイデン)は、マシントラブルでリタイアを強いられた。

Happy B-Day Bro! ❤️ @aleixespargaro

Polyccio44 MotoGp Riderさん(@polespargaro)が投稿した写真 -