Tickets purchase
VideoPass purchase
News
4 days 前
By Peugeot Motocycles SaxoPrint

最年長のマスボーが双方合意の下で解雇

軽量級最多参戦を誇る最年長のマスボーが、成績不振により、契約を解消。

レーシング・チーム・ジャーマニーが母体のプジョー・サクソンプリント・RTGは、今週末に控えた後半戦の緒戦、第10戦オーストリアGPを控えた8日、今季起用するアレックス・マスボーとの間で、双方合意の下、契約を解消することを発表。今週末は、Moto3™ジュニア世界選手権にマヒンドラを走らせて、総合6位に進出する19歳のスペイン人ライダー、アルベルト・アレナスを招集する。

クラス最多となる167戦の経歴を誇る参戦12年目のマスボーだったが、ホンダからプジョー(マヒンドラ)に乗り換えた今季は、3570・チーム・イタリアから参戦する2人の新人、ステファノ・バルトゥリーニ、ロレンソ・ペトラルカと共に前半戦8戦を終えて、まだ0ポイント。6月2日に29歳の誕生を迎え、来季は軽量級への参戦が年齢制限の規定により認められないこともあり、チームとの話し合いの結果、パートナーシップに終止符を打つことを決断した。