Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By Repsol Honda Team

ペドロサ、転倒が影響して19番手

低温が原因で今季5度目の転倒を喫したが、2日目からの巻き返しを誓う。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、レッドブル・リンクで始まった第10戦オーストリアGPの初日に初めてホンダRC213Vを走らせると、フリー走行1で今季5度目の転倒を喫して最後尾の22番手。フリー走行2は、3度のコースインで21ラップを周回すると、1分27秒台を6回、1分26秒台を5回記録して、トップタイムから2.513秒差の19番手。

「時間と少し自信も失ってしまった。仕事を続けよう」

「今日は気温が低すぎて、難しい1日となった。特に午前の影響が出てしまい、高速セクションで転倒してしまい、時間と少し自信も失ってしまった。午後は気温が少し上昇して少し良くなったけど、タイヤを温めることが難しい。それに、トラックをそれほど知らないことで役立っていないけど、明日の改良に向けて仕事を続けよう」と、転倒の理由を説明し、巻き返して行くことを宣言した。