初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドルナが協力関係25周年の記念ロゴを発表

ドルナが協力関係25周年の記念ロゴを発表

1972年3月に鈴鹿サーキットで開催された開幕戦日本GPから、4団体の協力関係が25年目を迎える。

ドルナスポーツは、開幕戦カタールGPの開催を前日に控えた16日、FIM国際モーターサイクリズム連盟、MSMAモーターサイクルスポーツ製造者協会、IRTA国際ロードレーシングチーム協会との協力関係が25周年を迎えることから、記念のロゴとスローガンを発表した。

世界最古の歴史を誇るモータースポーツのチャンピオンシップは、現在6大陸において世界112ヵ国のモーターサイクル連盟を統括する国際モーターサイクリズム連盟により1949年に初開催。複数の団体が運営を務めていたが、1992年からドルナスポーツが各団体と協力しながら、グランプリの運営管理、商業面全般の管理、テレビ制作、メディアサービス、セキュリティ、タイムキーピング、プロモーションなどの運営を開始。

FIMの会長ビト・イッポリトは、「我々のスポーツ、特にMotoGP™は運営面の視点から極めて複雑であり、関係者が非常に多いです。各自が前進するために重要且つ特殊な仕事に携わり、共通の目的に向かって一緒に働いています。」

「この25年間、FIMと協力関係者は、休まず、エクセレンスなチャンピオンシップを追求してきました。これが今日の成功のカギとなり、このスピリットにより、困難な時期を克服することができました。今は結成された素晴らしいチームを祝うだけです!」と、祝福の言葉を送った。

ドルナスポーツのCEO最高経営責任者カルメロ・エスペレータは、「25周年で最も重要なことは、理解と合意です。決して容易ではなかった幾つかの時期を過ごしましたが、我々は常に4団体との間で合意に達し、前進を続けてきました。」

「我々の共同作業は、沢山の分野においてポジティブな成果を上げてきました。特に関係者と形成された各種委員会、ライダーの安全面、競技面と技術面の決定などです。全関係者がチャンピオンシップの向上を目指して貢献しました。FIM、IRTA、MSMA、そしてドルナスポーツが肩を並べて一緒に働いてきたことが重要です」と、25年間を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2016, #RacingTogether

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
#QatarCountdown: セパンクラッシュ

9 months ago

#QatarCountdown: セパンクラッシュ

Movistar Yamaha MotoGP
ロッシ、緒戦の目標は表彰台

9 months ago

ロッシ、緒戦の目標は表彰台

Box Repsol
Repsol Honda QatarGP Preview

9 months ago

Repsol Honda QatarGP Preview

Estrella Galicia 0,0 Marc VDS
ミラー、負傷から順調に回復

9 months ago

ミラー、負傷から順調に回復

motogp.com
Moto3™クラスプレビュー

9 months ago

Moto3™クラスプレビュー