Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2 days 前
By Repsol Honda Team

ペドロサ「自信を取り戻すために」

厳しい週末が続いたことから、自信回復に向けて、タイヤテストをせずに、セットアップに集中。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、9番グリッドから12位だった第11戦チェコGPの開催地、アウトモトドローム・ブルノで実施されたオフィシャルテストに参加。自信回復を目的でセットアップを中心にHRCが準備した新型のスイングアームを検証。10度のコースインで43ラップを周回すると、1分57秒台を8回、1分56秒台を2回記録して、1.463秒差の7番手だった。

「トラックコンディションが悪く、その中で仕事の評価を理解することができないから、午後から走り出した。次戦以降のセットアップの方向性を決めることに集中。基本的に自信を取り戻すために新たなアイデアを追求し、セットアップの再編成を試した。」

「新型のスイングアームも試した。学習した全てのことから前進するために、全てのデータを分析しよう。新しいフロントタイヤで走らなかった。僕たちの優先事項は、現時点で他のことだけど、次の機会でテストをしよう」と、テスト内容を説明した。