Tickets purchase
VideoPass purchase
News
22 days 前
By Monster Yamaha Tech 3

エスパルガロ弟「パフォーマンスが高まった」

ドイツGPから厳しい週末が続いた後のテストで、課題のブレーキングを徹底的に調整。

モンスター・ヤマハ・テック3のポル・エスパルガロは、12番グリッドから13位でチェッカーを受け、インディペンデントチームライダー部門の最高位、総合7位を維持した後、第11戦チェコGPの開催地、アウトモトドローム・ブルノに延滞して、オフィシャルテストに参加。ブレーキングにおけるパフォーマンスの向上を課題に、電子制御の調整に着手。8度のコースインで43ラップを周回して、1.558秒差の8番手だった。

「今回のテストでグッドな進歩を果たすことができた。今後のレースに向けて、ポジティブなチャンスを感じさせてくれる。使用できるタイヤの本数が少なく、路面が汚れていたから、午前はペースを掴むことが難しかった。タイヤが少なかったことで少し苦労したけど、電子制御のセッティングを幾つか試して、パフォーマンスが高まったと思う。」

「ブレーキングにおけるバイクの挙動が本当に良くなった。これは非常に重要なこと。オーストリアとチェコで苦労したから、これが今回の課題だった。今回習得した知識が自信をもたらしてくれる。次戦が楽しみだ」と、上位進出に自信を見せた。