Tickets purchase
VideoPass purchase
News
21 days 前
By LCR Honda

クラッチロー「最高の気分だ」

英国人としては、レジェンド、バリー・シーン以来となるポールポジションの獲得に成功。

Support for this video player will be discontinued soon.

公式予選インタビュー

LCR・ホンダのカル・クラッチローは、第12戦イギリスGPの公式予選で今季3度目の最速時計を記録。2013年8月の第11戦チェコGP以来、キャリア通算3度目のポールポジションを奪取し、地元英国人ライダーとしては、レジェンドライダー、バリー・シーンが1977年8月にシルバーストンで開催された最終戦イギリスGP以来、39年振りとなる快挙を達成した。

初日総合3番手発進した後、2日目はドライコンディションとなったフリー走行3でトップタイムから0.297秒差の4番手。レインコンディションとなったフリー走行4は、0.084秒差の3番手。

「明日はグレートなバトルとなるだろう。何ができるか楽しみだ」

「(インタビュールーム)にいることが嬉しい。ホームグランプリのポールポジション獲得は最高の気分だから、仕事をしてくれたチーム全員に感謝したい。困難なコンディションの中からアドバンテージを引き出すことができたのは良かった。ドライでも僕たちは速いけど、ポールポジションを獲得することは難しかっただろう。」

「イギリスGPでグッドなリザルトを獲得することは難しい。ファンの前でグッドなリザルトが要求されるから、この結果が嬉しい。明日はグレートなバトルとなるだろう。何ができるか楽しみだ。100%を尽くそう」と、会心の笑みを見せた。

Feel so lucky to get Pole Position at my home GP. What support is truly amazing …

Cal Crutchlowさん(@calcrutchlow)が投稿した写真 -