Tickets purchase
VideoPass purchase
News
23 days 前
By motogp.com

フリー走行3:ナバーロが今季2度目の総合1番手

残り7戦で61ポイント差の逆転を狙う総合2位のスペイン人ライダーが最速時計。ビンダーは2番手。尾野は8番手。鈴木は転倒で最後尾。

Moto3™クラス‐フリー走行3

第12戦イギリスGPのフリー走行3は3日、シルバーストンで行われ、総合2位のホルヘ・ナバーロが週末2度目、今季10度目のトップタイムをマーク。第3戦アメリカズGP以来、今季2度目となるフリー走行総合1番手に進出した。

気温16度、路面温度16度のドライコンディションの中、キャリア初の初日総合1番手発進を決めたナバーロは、3度のコースインで14ラップを周回すると、2分15秒台を5回、2分14秒台を1回、2分13秒台を最多の2回記録。2分13秒882の1番時計を刻んだ。

初日総合2番手のブラッド・ビンダーは、2度のコースインで15ラップを周回すると、2分16秒台を3回、2分14秒台を最多の5回記録して、0.698秒差の2番手を維持すれば、初日総合8番手のアロン・カネトは、3度のコースインで14ラップを周回すると、2分16秒台を1回、2分15秒台を1回、2分14秒台を1回記録して、0.845秒差の3番手に浮上。

初日総合5番手のエネア・バスティアニーニは、0.890秒差の4番手。初日総合4番手のホルヘ・マルティン、初日総合21番手のジョン・マックフィー、初日総合15番手のフアンフラン・グエバラが続く。

初日総合9番手の尾野弘樹は、3度のコースインで13ラップを周回すると、2分16秒台を1回、2分15秒台を1回記録して、1.320秒差の8番手。初日総合11番手のニコロ・ブレガ、初日総合18番手のファビオ・クアルタラロがトップ10入り。

初日総合3番手のファビオ・ディ・ジャンアントニオは、フリー走行2のラップタイムを更新できず、2.099秒差の20番手、総合10番手に後退。初日総合6番手のフランセスコ・バグナイアは、7ラップ目にバイクがストップするトラブルに見舞われて、2.424秒差の27番手、総合13番手に後退。

初日にエンジンの問題で出遅れた総合29番手の鈴木竜生は、2ラップ目の6コーナーで今季6度目の転倒を喫して最後尾、総合33番手に後退。

初日総合13番手のボ・ベンスナイダーは、フリー走行2で開幕戦カタールと第2戦アルゼンチンGPに引き続き、今季3度目の低速走行を行ったことから、スターティンググリッドを5つ降格するペナルティが科せられることになった。