Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ロレンソ「ウェットでの進歩が嬉しい」

フリー走行4で7番手、公式予選で9番手だったが、第8戦TTアッセンの決勝レースから進歩した走りを披露。

ウェットで進歩を見せたホルヘ・ロレンソ

モビスター・ヤマハ・MotoGPのホルヘ・ロレンソは、第12戦イギリスGPの公式予選で9番時計を記録。明日の決勝レースを3列目から迎える。

初日総合4番手発進した後、2日目はドライコンディションとなったフリー走行3でトップタイムから0.562秒差の5番手。レインコンディションとなったフリー走行4は、0.978秒差の7番手に後退。

「アッセン、ザクセンリンクから大きく良くなったけど、水の量が増えると、上位陣から離されてしまう」

「フリー走行4の終わりに少し乾き始め、非常に速く走れた。水の量はそれほど多くなかったけど、予選中に雨が降ってしまった。水の量が少なった最初のラップは、あの時点で一番速かったけど、他のライダーがタイムを上げてきた。水の量が増えると、同じような自信がなく、コンマ5秒しかラップタイムを伸ばせなかった。」

「2列目に進出には十分ではなかったけど、全体的にウェットでの進歩が嬉しい。アッセン、ザクセンリンクから大きく良くなったけど、水の量が増えると、まだ上位陣から離されてしまうから、仕事を続ける必要がある。明日はドライレースになりそうだから、レースに向けて準備を進め、バイクを整えるために、ウォームアップ走行が非常となるだろう」と、ウェットでの進歩を喜んだ。