Tickets purchase
VideoPass purchase
News
13 days 前
By Ducati Team

イアンノーネ、転倒の原因は前腕とバンプ

2番手まで浮上した直後、右前腕の疲労が限界に達し、バイクをコントロールできずに転倒。

ドゥカティ・チームのアンドレア・イアンノーネは、第12戦イギリスGPの決勝レースで、フロントに柔らかめ選択のソフトタイヤ、リアに柔らかめ選択のミディアムタイヤを選び、8番グリッドから2番手走行中のラスト6ラップで週末3度目、今季11度目の転倒を喫し、今季5度目の転倒リタイア、6度目のリタイアを喫したが、総合6位を維持した。

「右前腕の疲労を感じ始め、バイクをコントロールすることができなくなった」

「グレートなレースで表彰台を獲得する機会だったから残念。レース中盤に入って、右前腕の疲労を感じ始め、バイクを完璧にコントロールすることができなくなってしまったから、大きな問題となってしまった。厳しい闘いを強いられ、この状況を受け入れるのは難しかったから、ストップしたくなかった。」

「14ラップ目の17コーナーで方向転換が遅れてしまい、バンプにヒットして、バイクをコントロールするパワーがなかったから転んでしまった。グッドなリザルトを獲得できたから、本当に残念だ」と、転倒の原因を説明した。