Tickets purchase
VideoPass purchase
News
18 days 前
By Repsol Honda Team

ペドロサ「最もまともなレース」

総合5位に後退したが、序盤からトップグループを追走して、今季7度目のトップ5入り。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第12戦イギリスGPの決勝レースで、フロントに柔らかめ選択のソフトタイヤ、リアに柔らかめ選択のミディアムタイヤを装着。4番グリッドから表彰台争いを展開して、6.381秒差の5位に進出したが、総合4位から5ポイント差の総合5位に後退した。

「問題が出ることを覚悟していたけど、これが最善のタイヤ選択」

「トラックコンディションにより、難しいグランプリとなった。寒く、何度か雨が降り、一度も日が差し込まなかった。フロントとリアに柔らかめのコンパウンドを選択。終盤に問題が出ることを覚悟していたけど、僕たちにとってはこれが最善の選択だった。」

「ポジティブだったのは、結果に関して前進したこと。コーナーの進入で少し自信を得たこと。まだ幾つかのことを改善しなければいけないけど、今シーズンで最もまともなレースとなった。ポジティブなことを掴んで、残りのことは次戦で取り組もう」と、トップグループを追走したレースを振り返った。