Tickets purchase
VideoPass purchase
News
15 days 前
By Ducati Team

イアンノーネ「グッドなチャンスだ」

事前テストでサーキットレコードラップを更新したホームトラックで、優勝、表彰台を狙う。

ドゥカティ・チームのアンドレア・イアンノーネは、前戦イギリスGPで2番手走行中に右前腕の痛みとバンプが原因で転倒リタイアを喫した後、先月23日にプライベートテストを実施して、非公式ながらサーキットレコードラップを更新したホームトラック、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリで、テストライダーのケーシー・ストーナーがポール・トゥ・ウインを決めた2007年以来となる優勝を目指す。

「デスモセディチGPは戦闘力がある。テストでは、グッドなリザルトをもたらしてくれた」

「ミサノでは前腕の問題は発生しないと思う。2013年の手術以降、前腕症状に苦しむことはなかった。ホームレースが楽しみ。自信がある。イギリスと比べて、好天候になるはずだから、週末を通じて、安定して進歩することが許されるだろう。」

「デスモセディチGPは、このトラックで戦闘力があるだろう。2週間前のテストでは、グッドなリザルトをもたらしてくれた。確かに僕たちのライバルたちと比較をしなかったけど、フィーリングはすごく良い。レースで上手くやれるグッドなチャンスだろう」と、上位進出に自信を見せた。

Thinking... #maniac #ai29

Andrea Iannoneさん(@andreaiannone)が投稿した写真 -