Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By Ducati Team

ドビツィオーソ「旋回で格闘中」

ホームレースで今季8人目の優勝者を目指したが、スムーズさを失ったぎこちない走りを反省。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、ホームレースとなった第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースで、フロント、リア共にミディアムコンパウンドのタイヤを選択。2列目6番グリッドから19.676秒差の6位に入り、総合7位から6位に浮上した。

「スムーズなライディングを失い、少しガチガチした走りになってしまった」

「期待していた結果と違うことが残念。不運にも僕たちはライバルたちと同じような旋回ができるように格闘しているところ。周回ごとにその差が大きくなってしまう。ギャップを挽回するために、ハンドリングの懸命なプッシュで大きなエネルギーが必要となり、スムーズなライディングスタイルを失い、少しガチガチした走りになってしまった。」

「安定したラップで周回を重ねるためには、序盤にあまりプッシュをしない方が良いかもしれないけど、トップグループに食らいつくには、そのことが要求されている」と、現状の課題を説明した。