Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By Estrella Galicia 0,0 Marc VDS

ミラーが今季5度目の欠場

2日目終了後、4週間前の転倒で骨折した右手が腫れ上がり、力が入らないことから今季5度目の欠場を決断。

エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDSのジャック・ミラーは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースを、第10戦オーストリアGPのウォームアップ走行で転倒を喫した際に骨折した右手の状態が、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリの特性が原因で悪化したことから、ウォームアップ走行前に欠場を決断した。

「ミサノはシルバーストンよりフィジカルが要求され、右手の状態が酷くなってしまい、走る度に腫れ上がってしまった。痛いということではなく、手に力が入らなくなってしまう。ここではブレーキングでパワーが必要となり、28ラップのレースを走り切る保証がないと考えた。今は回復すること、1日も早く万全の体調でバイクに戻れることに集中する」と、欠場の理由を説明した。