Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By motogp.com

オフィシャルテスト:日本GPに向けて準備

13名のヤングライダーたちが好天候に恵まれた中で、終盤4戦に向けて準備。

オフィシャルテスト~インタビューコンプレーション

軽量級は26日、第14戦アラゴンGPが開催されたモーターランド・アラゴンで、今季3度目のオフィシャルテストを実施。9チーム13名のライダーたちが参加。週末のセッティングを見直し、次戦日本GPから終盤4戦に向けて準備を進めた。

チャンピオンに輝いたブラッド・ビンダーは、KTMが来年に向けて開発を進めるMoto2™マシンの初試乗を計画していたが、オフィシャルテストであることから、初乗りは見送り、終盤4戦に向けて準備を進めた。

今季2勝目で総合2位に再浮上したホルヘ・ナバーロをはじめ、総合9位のニッコロ・アントネッリ、総合13位のアロン・カネト、総合17位のボ・ベンスナイダー、総合18位のジュール・ダニーロ、総合20位のアンドレア・ミニョ、総合21位のフアンフラン・グエバラ、総合26位の鈴木竜生、総合27位のロレンソォ・ダッラ・ポルタ、総合28位のマリア・エレーラは、週末のセッティングを見直す絶好の機会。

総合7位のフランセスコ・バグナイアと総合14位のホルヘ・マルティンは、マヒンドラが準備したエンジンとスイングアームをテスト。

プジョー・MC・アサソプリントは、レッドブル・ルーキーズ・カップで総合2位に進出したアレックス・ヴィウと総合14位のパトリック・プルキネンを招集した。