Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By Estrella Galicia 0,0 Marc VDS

ヘイデン「週末で一番の走り」

初めて乗るバイク、タイヤ、電子制御への適応が要求されたが、代役としてポイント圏内に進出。

エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDSからジャック・ミラーの負傷代役として起用されたニッキー・ヘイデンは、第14戦アラゴンGPの決勝レースで、最後列19番グリッドからポイント圏内の15位で完走を果たした。

「レースが週末で一番の走りだった。金曜はラップタイムを気にせず、このパッケージ、特にミシュランタイヤ、その中でもフロントタイヤに慣れることに時間を費やした。レースでは、初日に僕よりも2秒も速かったピロ、バルベラ、ラバティとバトルすることができた。グッドなスタートが切れ、彼らとのバトルは楽しかった。周回を重ねる毎に感触が良くなった。」

「僅か1戦だけの参戦で、事前テストなしで非常に難しいことは覚悟していたけど、全力を尽くした。素晴らしい経験となり、この機会を提供してくれたチームに感謝したい。グレートなチームと共に仕事ができたことを誇りに思う」と、レジェンドライダーは代役参戦を振り返った。