Tickets purchase
VideoPass purchase
News
23 hours 前
By Repsol Honda Team

ペドロサの代役は元王者のヘイデン

右鎖骨を骨折したペドロサの代役に、10年前の2006年にチャンピオンに輝いたヘイデンを招集。

レプソル・ホンダは18日、前戦日本GPで右鎖骨を骨折したダニ・ペドロサの代役に、10年前の2006年にチャンピオンを獲得した元王者のニッキー・ヘイデンを起用することを発表。2008年11月の最終戦バレンシアGP以来、8年振りに古巣に復帰することが決定した。

今年はスーパーバイク世界選手権に転向。先月モーターランド・アラゴンで開催された第14戦アラゴンGPでは、ジャック・ミラーの負傷代役として起用され、19番グリッドからポイント圏内の15位でフィニッシュ。

「最初にダニの早期回復を願う。今まで以上にストロングになって戻って来るはずだ。僕は要求が高く厳しい仕事に立ち向かうけど、10年前にワールドチャンピンに輝いた古巣のドリームチームに復帰する機会だ。ホンダのファクトリーマシンでフィリップアイランドでのグランプリに参戦することは、非常にエキサイティングだ。」

「この機会と僕への信頼を与えてくれたホンダにとても感謝している。同時に現在所属するチームと支援してくれるスポンサーに感謝したい。みんなが参戦を可能にするために細かいところまで懸命に働いてくれた。チームと共にグッドな週末にしたい」と、抱負を語った。