Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2 days 前
By motogp.com

フリー走行2:悪天候により、セッション途中でキャンセル

雨のため開始時間が40分間遅延した後、残り31分で天候により赤旗、現地時間の16時30分にセッションがキャンセル。

第16戦オーストラリアGPのフリー走行2は21日、フィリップアイランド・サーキットで行われたが、レースディレクションは悪天候を理由にセッションのキャンセルを決断した。

気温12度、路面温度14度のウェットコンディションの中、40分遅れでセッションが開始され、エクトル・バルベラ、マイク・ジョーンズ、ティト・ラバット、ダニロ・ペトルッチ、アレイシ・エスパルガロ、バレンティーノ・ロッシの6人がコースインしたが、残り31分で赤旗が提示されたことから走行を中断。その後、セッションがキャンセルされた。

フリー走行1で2番手発進したロッシは、午前中のセッションでミシュランから供給されたレインのフロントタイヤ、スーパーソフトフルウェットフロントタイヤを装着して11ラップを周回。レースディレクションとミシュランの合意の下、制限されている連続10ラップの周回数を超えたことから、そのタイヤを装着した全てのラップがキャンセルされ、20番手に後退した。

2日目は、天候次第で、フリー走行3の走行時間が45分間から60分間に拡大される。