Tickets purchase
VideoPass purchase
News
23 days 前
By Repsol Honda Team

マルケス「もっと勝ちたい」

3戦連続6勝目、2年連続の優勝に向けて1番手走行中にブレーキングで、年間最多タイとなる15度目の転倒。

Support for this video player will be discontinued soon.

マルク・マルケスのクラッシュ

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第16戦オーストラリアGPのウォームアップ走行で週末3度目、今季33度目の最速時計を記録した後、フロントにハードコンパウンド、リアにミディアムコンパウンドを選択。決勝レースは、3年連続のポールポジションから2014年を再現するように1番手走行中に転倒リタイアを喫し、今季初めて0ポイントに終わった。

「ブレーキングに細心の注意を払ってきたけど、今回はリスクを冒した」

「ミスを犯してしまったから、チームに謝りたい。全てが完璧だったけど、日曜に仕事を仕上げることができなかった。もし、タイトルを争っていたら、それほど無理はしなかっただろう。」

「今日はストロングなスタートを切った。序盤に違いを作り、アドバンテージを維持する必要があったけど、ハードブレーキングのポイントで、この1年間ずっとやってきたようにはらんでしまうところで、遅すぎるブレーキングをしてしまった。」

「タイトルを獲得したことは嬉しいけど、もっと勝ちたい。あれは完全に僕のミス。シーズンを通じて、ブレーキングに細心の注意を払ってきたけど、今回はリスクを冒した。転倒はタイヤとは無関係。来週にレースがあることは幸運。グレートな優勝を挙げたカルを祝福したい」と、転倒の理由を説明した。