Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By Shell Advance Asia Talent Cup

シェルアドバンス・アジア・タレント・カップ:シリーズ最終戦がマレーシアで開催

アジア&オセアニア地域におけるヤングライダーの発掘育成を目的に開催される当大会の6戦目、最終戦がマレーシアで開催。

シェルアドバンス・アジア・タレント・カップは今週末、最終戦マレーシア大会が、MotoGP™世界選手権第17戦マレーシアGPの併催として、5月の第3戦に続き、セパン・インターナショナル・サーキットで開催。決勝レース1は28日、決勝レース2は29日に行われ、将来の世界舞台進出を目指す21名のヤングライダーたちが挑戦する。

前戦日本大会で3位と優勝を挙げた総合4位の小椋藍(15歳)がポイントリーダーに浮上。3番グリッドから5位と転倒リタイアを喫した経験を活かして、タイトル獲得に挑戦。

逆転でタイトル獲得に挑むのは、7ポイント差の総合2位に進出するソムキャッ ト・チャントラ(タイ/17歳)、16ポイント差まで詰め寄った山中琉星(14歳)、18ポイント差のアンディ・イズディハル(インドネシア/19歳)、24ポイント差のジェリー・サリム(インドネシア/19歳)。

総合6位の國井勇輝(13歳)、総合7位の眞崎一輝(16歳)、総合8位の川崎祥吾(14歳)、総合9位の菅原陸(16歳)、前戦日本大会に引き続き、アジア・ドリーム・カップでチャンピオンに輝いた中村大輝(17歳)が優勝、表彰台獲得に挑戦する。

シェルアドバンス・アジア・タレント・カップのホームページ(www.asiatalentcup.com)では、決勝レース1を29日の日本時間17時30分、決勝レース2を30日の17時30分から生中継で配信する。