Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ロレンソ「ドライとウェットで戦闘力がある」

今季困難だったウェットで高い戦闘力を見せ、シーズン11度目の1列目を獲得。

Support for this video player will be discontinued soon.

公式予選インタビュー

モビスター・ヤマハ・MotoGPのホルヘ・ロレンソは、第17戦マレーシアGPの公式予選でポールポジションタイムから0.302秒差の3番時計。明日の決勝レースを今季11度目の1列目から迎える。

初日総合10番手だった後、2日目はフリー走行3で0.096秒差の3番手に浮上すると、レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで12ラップを周回すると、2分13秒台を4回、2分12秒台を3回記録して、0.336秒差の4番手。

「ペースはグッドだけど、ポールポジションを獲得するための爆発力がなかった」

「ドライでパーフェクトなプラクティスができなかったのは残念だったけど、路面のグリップは最高。ドライとウェットで戦闘力がある。僕たちの作戦は、最後までプッシュを続けることだった。ペースはグッドだけど、ポールポジションを獲得するには十分な爆発力がなかった。1列目、これが重要。ドライなら、4人のペースが近い。ドライではすごく良い感じがあるけど、決してどうなるか分からない。誰もがドライレースになることを望むだろう」と、2日目と予選を振り返った。