Tickets purchase
VideoPass purchase
News
18 days 前
By motogp.com

決勝レース:ドビツィオーソが歴史的な9人目の勝者に

フルウェットのトラックコンディションの中でドビツィオーソがポール・トゥ・ウインでシーズン9人目の勝者に輝き、ロッシ、ロレンソが表彰台。マルケス、クラッチロー、イアンノーネが転倒。

Support for this video player will be discontinued soon.

MotoGP™クラス‐決勝レース‐ハイライト

第17戦マレーシアGPの決勝レースは30日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、総合7位のアンドレア・ドビツィオーソが、2009年7月の第10戦イギリスGP以来7年ぶりとなる最高峰クラス2勝目、キャリア通算11勝目、7度目のポール・トゥ・ウインを挙げ、総合5位に浮上した。

気温25度、路面温度28度のウェットコンディションの中、ポールポジションのドビツィオーソは、序盤からトップグループに位置。ラスト5ラップにトップに飛び出せば、2番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、3.115秒差の2位。今季10度目の表彰台を獲得すれば、3番グリッドのホルヘ・ロレンソは、11.924秒差の3位表彰台。

12番グリッドのエクトル・バルベラは、19.916秒差の4位。最高峰クラスでの最高位を獲得すれば、10番グリッドのロリス・バス、8番グリッドのマーベリック・ビニャーレス、9番グリッドのアルバロ・バウティスタ、14番グリッドのジャック・ミラー、11番グリッドのポル・エスパルガロ、15番グリッドのダニロ・ペトルッチがトップ10入り。

4番グリッドのマルク・マルケスは、4番手走行中の12ラップ目に最高峰クラスで最多となる16度目の転倒を喫した後、15番手でレースに復帰すると、ラストラップに2人を抜いて11位。17番グリッドの青山博一は16番手。

5番グリッドのカル・クラッチローは、5番手走行中の12ラップ目に週末3度目、今季24度目転倒。6番グリッドのアンドレア・イアンノーネは、3番手走行中の13ラップ目に今季13度目の転倒で、リタイアを喫した。

チャンピオンシップは、ロッシの総合2位が決定。総合3位のロレンソは、総合4位のビニャーレスに対して、11ポイント差から17ポイント差にアドバンテージを広げた。

#Selfie ????// #DoviOnCloud9

MotoGPさん(@motogp)が投稿した写真 -