Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By Team Suzuki Ecstar

ビニャーレス「最高の形で締め括ろう」

2年間所属したスズキでのラストレースで、17ポイント差の総合3位に挑戦することを宣言。

チーム・スズキ・エクスターのマーベリック・ビニャーレスは、前戦マレーシアGPで6位に進出。総合4位の確保に成功し、今週末は昨年11番グリッドから11位、初参戦の2011年とタイトル獲得に成功した2013年に優勝したリカルド・トルモ・サーキットで、総合3位との17ポイント差に挑戦する。

「昨年のレースはベストではなかったけど、僕たちはそこからしっかりとした進化を果たした。全く違う状況だと言うことができる。テストでのパフォーマンスは良かったけど、最も重要なことは後半戦の進歩。今、僕たちはどんなコンディションでも戦闘的だと感じる。これは、僕たち全員に熱意を注入してくれる。トップライダー、トップチームと闘うことができる。安定して表彰台を争うことができることを証明した。これは、シーズンを締め括るには良い形だ。」

「レースは重要だ。まだ総合3位を獲得するという期待感がある。シーズンが始まった当初の目標はトップ6入りだったけど、僕たちの戦闘力はシーズンを通じて高まった。期待以上だったかもしれない。これが僕たちの野心を高めることにつながった。可能な限りのベストリザルトを獲得するためにチームとして努力している。シーズンに対して、満足感があるけど、さらに上を目指すために、この最後のチャンスに向けてトライしよう。この2年間を最高の形で締め括ろう」と、2年間所属したスズキでのラストレースで総合3位の獲得に挑戦することを宣言した。