Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ロレンソ「ポールポジションを獲得したかった」

ヤマハでのラストレースに向け、39度目のポールポジションから44勝目を狙う。

Support for this video player will be discontinued soon.

公式予選インタビュー

モビスター・ヤマハ・MotoGPのホルヘ・ロレンソは、最終戦バレンシアGPの公式予選でサーキットベストラップを更新する週末3度目、今季17度目の最速時計を刻み、今季4度目、最高峰クラスで39度目、リカルド・トルモ・サーキットで2年連続、チャンピオンシップ史上最多に並ぶキャリア通算65度目のポールポジションを奪取した。

初日総合1番手に進出した後、2日目はフリー走行3で0.485秒差の5番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで17ラップを周回すると、1分31秒台を最多の13回、1分30秒台を1回記録して、トップタイムから0.055秒差の2番手。

「ポールポジションを獲得するために、ベストを尽くしたかったから、モチベーションは最高潮だったけど、ヤマハに優勝を捧げたいから、明日が重要だ。非常に難しいだろう。最低でも、ヤマハと一緒に走る最後のレースで、ポールポジションを獲得したかった。」

「鼓舞していた。29.8秒を追求していたけど、新品タイヤでラップタイムを伸ばすことができた。できることを全て尽くした。ブレーキングでリスクを冒した。グレートな1日となり、誇りに思う。嬉しい」と、会心の笑みでポールポジション獲得を喜んだ。