Tickets purchase
VideoPass purchase
News
11 days 前
By LCR Honda

クラッチロー「インクレディブルなシーズンだ」

最高峰クラスで最多の転倒数を記録したが、インディペンデントチームライダー部門のタイトル獲得に成功。

LCR・ホンダのカル・クラッチローは、参戦6年目のラストレースとなった最終戦バレンシアGPの決勝レースで、11番グリッドから9番手走行中の17ラップ目に週末2度目、今季26度目の転倒。2戦連続6度目の転倒リタイアを喫したが、インディペンデントチームライダー部門のタイトルを獲得した。

「バレンシアでの週末は、あまり快適さを感じられず、正しいセッティングが見つけられなかったけど、レースではOKを感じた。10ラップを過ぎたあたりから、ペースが快適になり、プッシュができるようになったけど、フロントタイヤのプレッシャーが高すぎた。プレッシャーが低下した後、パッケージの限界を超えてしまい、転倒してしまった。」

「チームと共にインクレディブルなシーズンだった。上手く走れていた手応えがあったけど、来年はもっと良くした。ファンタスティックな2勝を挙げ、何度も表彰台を獲得したから、今回のような終わり方は、ほろ苦い。数人のファクトリーライダーたちよりも多くの優勝を挙げたことは、グレートだ!」

「LCR・ホンダは1年間に渡って輝かしい仕事をしてくれた。マルクとダニを含めて、僕たちのバイクは簡単ではなかったけど、ホンダと共に新しいことを始める火曜と水曜のテストが楽しみだ」と、総合7位以上に向けて、オフィシャルテストが準備を始めることを説明した。

2016 season finished ! Not the end I wanted but I've had a fantastic year with my team. Thank you all so much …

Cal Crutchlowさん(@calcrutchlow)が投稿した写真 -