Tickets purchase
VideoPass purchase
News
21 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ビニャーレスが1分59秒台を3連発

レースペースの改良に専念しながら、初日に続いて存在感のある走りを披露。

オフィシャルテスト~2日目インタビュー

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、オフィシャルテスト2日目に10度のコースインで51ラップを周回すると、2分01秒台を11回、2分00秒台を9回記録。最後のコースインで1分59秒台を最多の3回記録して、トップタイムから0.406秒差の2番手、総合4番手に進出した。

「今日は良かった。レースペースの仕事に取組み、最後までレースタイヤで走り切ったことが嬉しい。一貫したラップを刻むことにトライして、正直、ラップタイムは非常に速かった。バイクがとても良く機能し、コースインの度にグリップが増したことは驚きだった。中古タイヤで走ることに集中したから、2番手が嬉しい。」

「1ラップに集中することは良いことだけど、20ラップで速く走らなければいけない。僕たちは良い仕事をし、グッドなスタートを切ったと考える。明日、タイムアタックを実行するかは分からない。天候とトラックコンディション次第だろう。タイムシートのトップに自分の名前が掲載されるところが見たいけど、時々レースに向けて仕事を進めることが最も役に立つ」と、2日目の仕事内容を説明した。

オフィシャルテスト1日目: 2分00秒129(54ラップ)
オフィシャルテスト2日目: 1分59秒859(51ラップ)

オフィシャルテスト1日目: 1分59秒680(ケーシー・ストーナー)
オフィシャルテスト2日目: 1分59秒452(アンドレア・イアンノーネ)
オフィシャルテストベストラップ: 1分58秒867 (2015年‐マルク・マルケス)
サーキットレコードラップ: 2分00秒606 (2015年‐ホルヘ・ロレンソ)
サーキットベストラップ: 1分69秒053 (2015年‐ダニ・ペドロサ)