Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By motogp.com

中量級が軽量級と合同テストを開始

3月26日の開幕戦カタールGPに向け、4チーム、6名がプレシーズンの先陣を切ってテスト始動。

Tags Moto2, 2017

中量級に参戦する4チームは8日、最終戦バレンシアGPの開催地、リカルド・トルモ・サーキットで2日間のプライベートテストを開始。初日は強風に見舞われたドライコンディションの中で、6名のヤングライダーたちが、軽量級の9チームと合同で、6週間後に控えた2017年シーズンのオープニングラウンド、開幕戦カタールGPに向けて本格的な準備を開始した。

新規参戦のレッドブル・KTM・アジョは、KTMが開発するプロトタイプマシンを投入。軽量級の王者として昇格したブラッド・ビンダーは、昨年11月に当地で実施したプライベートテストで骨折した左前腕の回復が遅れていることから欠場。昨年開発に協力したリカルド・カルドゥスが代役として招集され、ミゲール・オリビエラと共にテストを開始。中量級2年目のポルトガル人ライダーが49ラップを周回し、1分37秒162の1番時計を刻んだ。

タイトル連覇を目指すカレックス勢は、パヒナス・アマリージャス・HP・40のエドガル・ポンスとファビオ・クアルタラロ、RW・レーシング・GP・BVのアクセル・ポンスが参加。

車体をカレックスからスッターに変更したダイナボルト・インタクト・GPは、マンセル・シュレッターの1人がテストプログラムに着手。

フェデラルオイル・グレシーニのホルヘ・ナバーロは、10日後の18日から当地で実施する2日間のプライベートテストを視野に、レーシングトラックでの走行感覚を取り戻す目的で市販車を持ち込み、走り込みを始めた。

推奨記事