Tickets purchase
VideoPass purchase
News
13 days 前
By motogp.com

中量級はオリビエラ&KTMが1番時計

2年目のオリベイラが初参戦のKTMで1番手、1年目のクアルタラロがカレックスで2番手に進出。

Tags Moto2, 2017

中量級に参戦する4チームは9日、リカルド・トルモ・サーキットでプライベートテスト2日目、最終日を行い、中量級2年目を迎える22歳のポルトガル人ライダー、ミゲール・オリベイラトップタイムをマーク。非公式ながら総合1番手に進出した。

2日目は1日目に続きドライコンディションの中でセッションが行われ、49ラップを周回して1分37秒162の1番時計を記録したオリベイラが、73ラップを周回。KTMが開発を進めるプロトタイプマシンで、サーキットレコードラップ(1分35秒312)に接近する1分35秒887を刻んだ。

1日目に最多の82ラップを周回して2番手だったファビオ・クアルタラロは、0.170秒差の2番手に進出すれば、68ラップを周回して3番手のマンセル・シュレッターは、0.373秒差の3番手。

転倒は、2日目にクアルタラロ、シュレッター、エドガル・ポンスが転倒を喫したが、走行を続けた。

2日目非公式ラップタイム
1. ミゲール・オリベイラ (KTM): 1分35秒887 (73ラップ)
2. ファビオ・クアルタラロ (カレックス): 1分36秒057 (102ラップ)
3. マンセル・シュレッター (スッター): 1分36秒260 (84ラップ)
4. エドガル・ポンス (カレックス): 1分36秒563 (70ラップ)
5. リカルド・カルドゥス (KTM): 1分36秒884 (64ラップ)
アクセル・ポンス (カレックス): 未計測

サーキットレコードラップ: 1分35秒312 (2014年‐トーマス・ルティ)
サーキットベストラップ: 1分34秒879 (2016年‐ヨハン・ザルコ)

推奨記事