Tickets purchase
VideoPass purchase
News
28 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ビニャーレスが総合1番手に進出

シャーシの比較検証を進みながら、一気にペースアップ。参加者唯一1分29秒台を突破して1番手に浮上。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、フィリップアイランド・サーキットで開催中のオフィシャルテスト2日目に、13度のコースインで80ラップを周回すると、1分30秒台を21回、1分29秒台を16回、1分28秒台を5回記録。1日目のラップタイムを1.142秒更新する1分28秒847の1番時計を刻んだ。

「レースペースに集中した。率直に僕たちは素晴らしい仕事をした。昨日から大きな前進を果たした。快適さが大きく増し、タイヤのグリップが大きく高まった。良い仕事をしたけど、まだ幾つかやるべきことがある。」

「シャーシを選択する必要がある。他のことも決めなければいけない。まだ沢山の周回を重ねる。セッションの終わりに、速く走ることにトライしたけど、セクター3と4で風が強かったから、午前に記録したラップタイムを更新できなかったけど、とにかく嬉しい。両方のシャーシで速かった。1分29秒台で走れている。今日は大きな前進を果たせた。明日はもう一歩前進できるようにトライしよう」と、2日目の躍進を振り返った。

1日目: 1分29秒989 (64ラップ)
2日目: 1分28秒847 (80ラップ)

2017年オフィシャルテスト1日目: 1分29秒497(M・マルケス)
2017年オフィシャルテスト2日目: 1分28秒847(M・ビニャーレス)

オフィシャルテストベストラップ: 1分29秒131 (2015年‐M・ビニャーレス)
サーキットレコードラップ: 1分28秒108 (2013年‐M・マルケス)
サーキットベストラップ: 1分27秒899 (2015年‐J・ロレンソ)

推奨記事