初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By Team Suzuki Ecstar

イアンノーネ「建設的なロングランを実行」

テストライダーの役割に徹して、テストプログラムを積極的に消化。2度のロングランも実行。

チーム・スズキ・エクスターのアンドレア・イアンノーネは、第16戦オーストラリアGPの開催地、フィリップアイランド・サーキットで行われたオフィシャルテスト1日目に3番手、2日目に12番手、3日目は12度のコースインで77ラップを周回すると、1分30秒台を22回、1分29秒台を7回記録。

さらに、2度のロングランを実行。8度目のコースインでは、連続11ラップを周回して、1分31秒台を7回、1分30秒台を2回記録。最後のコースインでは、連続16ラップを周回して、1分30秒台を11回、1分29秒台を5回記録。ロングラン中に刻んだ最速時計で、トップタイムから0.998秒差の12番手、3日間総合で13番手だった。

「将来の決断が必要な方向性に関して、理解が高まった。この3日間で収集した全ての情報を凝縮して、非常に建設的なロングランを実行した。結果は全く悪くなかったと言わなければいけない。午前と午後のロングランで、それぞれ1本ずつフロントタイヤを使用したから、タイヤが消耗してしまい、タイヤのアドバンテージを活かすタイムアタックができなかった。」

「僕の順位は望むものではないけど、全体的には良い仕事をした。電子制御だけでなく、幾つかの仕事に取り組み、小さな改善、大きな改善ができる分野が沢山ある。僕たちは全てをフィックスすることにトライしている。このようなテストでは時間と辛抱が要求され、レースライダーというより、まるでテストライダーのように仕事を進める。バイクのフルポテンシャルを発揮させるのは困難だけど、カタールでは、このハードワークの恩恵が受けられるはずだ」と、今後の開発に必要なデータを収集し、フィードバックを提供したテストを評価した。

1日目: 1分29秒926 (70ラップ)
2日目: 1分29秒947 (72ラップ)
3日目: 1分29秒547 (77ラップ)

2017年オフィシャルテスト1日目: 1分29秒497(M・マルケス)
2017年オフィシャルテスト2日目: 1分28秒847(M・ビニャーレス)
2017年オフィシャルテスト3日目: 1分28秒549(M・ビニャーレス)

オフィシャルテストベストラップ: 1分29秒131 (2015年‐M・ビニャーレス)
サーキットレコードラップ: 1分28秒108 (2013年‐M・マルケス)
サーキットベストラップ: 1分27秒899 (2015年‐J・ロレンソ)

推奨記事