初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By Repsol Honda Team

マルケス「2日目のロングランが役立った」

2日目に実行した2度のロングランで収集した情報を参考に電子制御を改良し、快適さが高まった。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第16戦オーストラリアGPの開催地、フィリップアイランド・サーキットで行われたオフィシャルテスト3日目、最終日に14度のコースインで96ラップを周回すると、1分29秒台を41回、1分28秒台を5回記録し、トップタイムから0.294秒差の2番手。

13度目のコースインでは、連続14ラップのロングランを実行し、1分29秒台を11回、1分28秒台を3回記録。

「ベストラップは午前中に刻んだけど、特に午後に大きく改良したから、今日の展開がとても嬉しい。最終的に、快適さが見つかった。2日目のロングランが、電子制御を改良させ、僕たちが望むレベルに接近することに役立ったようだ。全体的にポジティブな3日間となった思う。良い仕事をしたけど、このトラックは特殊であることを忘れてはいけない。カタールで僕たちの現実的なポジションを確認できるだろう。」

「チームはナイスなプレゼント、虫眼鏡を贈ってくれた。僕たちが不足することを見つける目的で、データをチェックすることを強調し、彼らは僕自身が不足することを探すように指示したから、このプレゼントになった思う。HRCは懸命に働き、ステップ・バイ・ステップで改良が進んでいるから、とても感謝する。メディカルチェックのために、フィリップアイランドに来られなかったチーフクルー、サンティ・エルナンデェスの幸運を祈る。次回のテストに戻って来ることを願う」と、テスト3日目を振り返り、24歳となった誕生日プレゼントを説明した。

マルケスのバースデーサプライズ

推奨記事