Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By Red Bull KTM Factory Racing

エスパルガロ弟「ペースが大きく良くなった」

KTMが初めての豪州で投入した新型フレームを試し、アプリリアにコンマ4秒差に接近。

レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングのポル・エスパルガロは、第16戦オーストラリアGPの開催地、フィリップアイランド・サーキットで行われたオフィシャルテストで1日目に17番手、2日目に19番手、3日目は12度のコースインで62ラップを周回すると、1分30秒台を17回記録。

最終ラップには、初めて1分29秒台に進出し、トップタイムから1.308秒差の16番手、3日間総合で17番手。アプリリア勢の最高位(アレイシ・エスパルガロ)から0.496秒差まで接近した。

「ペースが大きく良くなった。ラップタイムは上位陣に大きく接近。本当に何度も接近したことが嬉しい。チームは懸命に働き、全てが整って来ていると思う。エンジニアたちは何をすべきか、どうすべきか分かっている。カタールで何か大きなことをしてくれるだろう」と、3日間を通じて確実に進歩したことを喜んだ。

レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングは、20日にオーストリア・ムンダーフィングに位置する昨年建設したKTMのモータースポーツ本部で2017年チーム発表会を開催する。

1日目: 1分31秒200 (59ラップ)
2日目: 1分30秒645 (59ラップ)
3日目: 1分29秒857 (62ラップ)

2017年オフィシャルテスト1日目: 1分29秒497(M・マルケス)
2017年オフィシャルテスト2日目: 1分28秒847(M・ビニャーレス)
2017年オフィシャルテスト3日目: 1分28秒549(M・ビニャーレス)

オフィシャルテストベストラップ: 1分29秒131 (2015年‐M・ビニャーレス)
サーキットレコードラップ: 1分28秒108 (2013年‐M・マルケス)
サーキットベストラップ: 1分27秒899 (2015年‐J・ロレンソ)

推奨記事