Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 days 前
By motogp.com

オフィシャルテスト:ブレガが1番時計を3連発

2日目総合:ブレガ、カネト、マルティン、フェナティ、ロドリゴがトップ5入り。佐々木は18番手、鈴木と鳥羽は22番手と28番手。

オフィシャルテスト~2日目ハイライトビデオ

軽量級のオフィシャルテスト2日目は9日、ヘレス・サーキットで行われ、1日目総合8番手のニコロ・ブレガが3度のセッションでトップタイムをマーク。2日間の総合で1番手に浮上した。

最初のセッションは、10時00分から11時10分まで。当地で実施したプライベートテストで2日間連続の1番時計を連発したブレガが1分46秒台を最多の4回記録し、1番手に進出すれば、2度目のセッションは、12時40分から13時50分まで行われ、ブレガが1分46秒台を最多の3回記録し、1番手を維持。

3度目のセッションは、15時20分から16時35分まで行われ、ブレガが再び1分46秒台を最多の3回記録。

1日目総合1番手のアロン・カネトは、1分46秒台を4回記録し、0.131秒差の2番手。ホルヘ・マルティン、ロマーノ・フェナティ、ガブリエル・ロドリゴ、フアンフラン・グエバラ、マルコス・ラミレス、ボ・ベンスナイダー、ジョアン・ミル、ダーリン・ビンダーがトップ10入り。

1日目総合12番手の佐々木歩夢は、転倒を喫して、2度目のセッションを走行できなかったことから、39ラップの周回に止まり、1.274秒差の18番手。1日目総合20番手の鈴木竜生は、51ラップを周回して1.440秒差の22番手。1日目総合26番手の鳥羽海渡は、65ラップを周回して2.008秒差の28番手だった。

オフィシャルテスト1日目
セッション1: 1分46秒738 (ロマーノ・フェナティ)
セッション2: 1分47秒290 (ロマーノ・フェナティ)
セッション3: 1分46秒465 (アロン・カネト)

オフィシャルテスト2日目
セッション4: 1分46秒232 (ニコロ・ブレガ)
セッション5: 1分46秒756 (ニコロ・ブレガ)
セッション6: 1分46秒415 (ニコロ・ブレガ)

サーキットレコードラップ: 1分46秒723 (2015年‐ブラッド・ビンダー)
サーキットベストラップ: 1分46秒173 (2014年‐ジャック・ミラー)