初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Monster Yamaha Tech 3

新人フォルガーが3番手に浮上

1分54秒台に進出した後、連続11ラップのロングランを実行して、1分56秒台を4回、1分55秒台を6回記録。

モンスター・ヤマハ・テック3のジョナス・フィルガーは、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われたオフィシャルテスト2日目に、セッティングの作業を続けながら、7度のコースインで41ラップを周回すると、1分56秒台を11回、1分55秒台を9回、1分54秒台を1回記録。トップタイムから0.462秒差の3番手に入り、1日目6番手から総合4番手に浮上。インディペンデントチームライダー勢の1番手、2日間連続して新人勢の最高位に進出した。

「今日もグッドな1日になった。例え小さくても、コンスタントに前進していることが嬉しい。僕たちは進歩しているようだ。チームと僕は、確認が必要なセッティングを確かめた。バイクが良くなっていることを確認した後、自信を少し高める目的で、フルタンクでレースシミュレーションを実施した。フィリップアイランドで転倒した後で、これは重要だった。全体的に、シミュレーションは上手く行った。速く走ることができ、最後まで安定していたから、喜べる。みんなが本当に良い仕事をしている。楽しく走っている」と、3番手に進出した2日目を振り返った。

オフィシャルテスト~2日目インタビュー

推奨記事