Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2 days 前
By Repsol Honda

マルケス「タイトル争いに向け、モチベーションが高い」

タイトル連覇のライバルに、ロッシ、ビニャーレス、ペドロサを指名し、現時点でロレンソは未知。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催された今年3度目のオフィシャルテストを終え、プレシーズンを総括。タイトル奪回に成功した2016年より、良い準備だったことを評価した。

シーズンの開幕が2週間後に迫った中、状態はどうだい?
僕たちは昨年よりも良い状態で迎えられるけど、これはリザルトが良くなると言うことではない。すごく良い準備をしたことは本当で、身体面は100%。精神面はいつものように、タイトル争いに挑むためにモチベーションが高い。

プレシーズンの評価は?
技術面に関しては、常に要求する。全てが完璧になることは決してない。常に最高のものを望む。プレシーズンを始めたときから見れば、序盤から表彰台を狙うための楽観的なレベルに到達したと考える。

バレンシアでテストしたバイクから、26日の緒戦に使用するバイクは異なるか?
幾つかの分野で大きく変更した。特に電子制御に関して、今年使用するエンジンの仕様は昨年とは異なることから、沢山のことを適応させる必要があり、沢山働いた。週末は試す時間があまりないから、全てのトラックに対して、しっかりとしたベースを整えるために沢山働いた。

緒戦での優勝に向けて準備が整ったか?
見てみよう。ものごとの準備を仕上げるための時間が残っている。確かに僕たちが苦労するトラックで、僕たちのバイクのキャラクターに対して、あまり有利ではないけど、僕たちは何も否定しない。緒戦から優勝争いができるかを確認するために、最高のモチベーションと野心を持って始めよう。

昨年は9人が優勝者。今年はどのような展開となるだろうか?
9人も優勝するとは思わないけど、複数のライダーたちが優勝の可能性があるだろう。もしかしたら、昨年の9人のように、それほど多くの優勝者が誕生しないかもしれない。4、5人だろう。天候次第だろう。昨年は雨が影響した。トラックコンディションによっては、よりリスクを冒すライダーが出て来るだろう。今年は昨年よりも電子制御とタイヤが安定する。

タイトル争いのライバルは?
だいたい毎年同じとなるだろう。ロッシ、ビニャーレス、そして、ペドロサは非常にコンスタントなプレシーズンだった。ロレンソを確認しないと。グッドなレースができるだろう。タイトル争いの指標となる全戦の表彰台争いにおいては未知だ。

今年で最高峰クラス参戦5年目。ヤングライダーたちが昇格してきたことで、クラスのベテランと感じるかい?
全てがあっという間だったけど、ベテランだとは考えない。バレンティーノのように、僕よりも2倍、3倍の経験を積んだライダーたちがいる。確かに1年ずつ経験を積んだ。その経験を活かして、新たな状況に出くわしたときは、最善の形で適応する必要がある。

今年のマルク・マルケスは?
いつも言うように、状況次第だ。もし、準備が整っていれば、全力で行く。そうでなければ、最善の形で状況をマネージメントしよう。2015年に学んだことの1つで、規則性ということを2016年に活かしたけど、シーズンのある時には、多少のリスクを犯す必要がある。

推奨記事