Tickets purchase
VideoPass purchase
News
27 days 前
By Estrella Galicia 0,0 Marc VDS

ラバット「右膝は問題なし」

1月の左膝靭帯損傷から回復し、昨年デビューした中東の舞台から最高峰クラス2年目への挑戦を開始。

エストレージャ・ガリシア・0,0・マーク・VDSのティト・ラバットは、1月下旬のオフィシャルテストで負傷した左膝がほぼ回復。遅れていたテストプログラムに取り組んで総合20番手だったロサイル・インターナショナル・サーキットに乗り込み、最高峰クラス2年目のスタートとなる開幕戦カタールGPに挑戦する。

「カタールでのテストは、セパンでの転倒による体調を考慮すれば、期待以上に良かった。フィジカルコンディションをさらに高めるために、リハビリを懸命に続け、その結果はすごく良かった。まだ少し膝が腫れているけど、膝の動きは完璧。屈伸ができるように、もうバイクの上で痛みがないから、今週末に問題となることはないだろう。」

「新型のホンダRC213Vは、昨年型よりもフィジカル面の負担が大きく減ったから、特にコーナーの立ち上がりで助けとなるだろう。ニューエンジンとニューシャーシのすごく良い感じがあった。フリー走行は、予選と決勝に向けて、体力を温存するために落ち着いて取り組み、セットアップを整えよう。タフな週末となるけど、困難だったプレシーズンの後で、レースを始められることはナイスだ」と、週末の取り組み方を説明した。