Tickets purchase
VideoPass purchase
News
28 days 前
By motogp.com

決勝レース:ミルが接戦の開幕戦を制す

ミル、マックフィー、マルティンが表彰台獲得。佐々木は11位、鈴木と鳥羽は15位と19位。

Support for this video player will be discontinued soon.

Moto3™クラス‐決勝レース

開幕戦カタールGPの決勝レースは26日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、2016年総合5位のジョアン・ミルが優勝。昨年8月の第10戦オーストリアGP以来通算2勝目を挙げ、ポイントリーダーに飛び出した。

気温22度、路面温度24度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行で1番手に進出した6番グリッドのミルは、ゴールラインまで展開された9人による優勝争いを僅少さで制すと、12番グリッドのジョン・マックフィーは、0.135秒差の2位に入り、初優勝を挙げた昨年8月の第11戦チェコGP以来、通算3度目の表彰台を獲得。

ポールポジションのホルヘ・マルティンは、0.218秒差の3位に入り、昨年8月の第11戦チェコGP以来、通算2度目の表彰台を獲得。8番グリッドのアロン・カネト、3番グリッドのロマーノ・フェナティ、7番グリッドのアンドレア・ミニョ、5番グリッドのニッコロ・アントネッリ、15番グリッドのファビオ・ディ・ジャンアントニオ、10番グリッドのマルコス・ラミレスが続き、11番グリッドのアダム・ノルディンがトップ10入り。

14番グリッドの佐々木歩夢は、終盤までトップグループ内に位置していたが、前を走っていた2人の転倒から巻き込まれることを回避したことでグループから遅れ、12.221秒差の11位。19番グリッドの鈴木竜生は、5人による12位争いで16.832秒差の15位。27番グリッドの鳥羽海渡は、7人による17位争いで27.641秒差の19位。

13番グリッドのニコロ・ブレガは14位。18番グリッドのエナア・バスティアニーニは16位。フリー走行2で1番手に進出した4番グリッドのボ・ベンスナイダーは、転倒を喫した後に復帰して26位。トップグループ内で走行していた2番グリッドのフィリップ・エッテルと9番グリッドのフアンフラン・グエバラは接触転倒リタイアを喫した。

The #Moto3 podium!???????????? // #QatarGP

MotoGPさん(@motogp)がシェアした投稿 -