Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By motogp.com

第2戦アルゼンチンGP~Moto3™クラスプレビュー

開幕戦で表彰台を獲得したホンダ勢3人のJ・Mを中心にヤングライダーたちが挑戦。

第2戦アルゼンチンGPは、アウトドロモ・テルマス・デ・リオ・オンドで7日(木)に開幕、9日(日)に決勝レース(日本時間の10日1時00分)に行われ、開幕戦カタールGPで表彰台を獲得した3人のJ・Mを中心にヤングライダーたちが優勝、表彰台に挑戦する。

シーズン緒戦は、9人による優勝争いが展開され、フル参戦2年目のスペイン人ライダー、ジョアン・ミルが昨年8月の第10戦オーストリアGP以来となる優勝を挙げれば、フル参戦5年目のスコットランド人ライダー、ジョン・マックフィーとフル参戦3年目のスペイン人ライダー、ホルヘ・マルティが昨年8月の第11戦チェコGP以来となる表彰台を獲得。レインコンディシィンとなった昨年4月の第2戦アルゼンチンGPは、それぞれが5位、7位、8位を獲得していた。

トップ3に挑戦するのは、フル参戦2年目を迎える総合4位のアロン・カネトを筆頭に、総合8位のファビオ・ディ・ジャンアントニオ、総合14位のニコロ・ブレガ。イタリア出身の21歳トリオ、総合5位のロマーノ・フェナティ、総合6位のアンドレア・ミニョ、総合7位のニッコロ・アントネッリ。

日本勢は、緒戦で15位だった鈴木竜生が2年連続して27位だった経験を活かして、2戦連続のポイント圏内を目指し、デビュー戦で11位に進出した佐々木歩夢と19位だった鳥羽海渡は、コースに素早く順応したいところ。

スペイン系アルゼンチン人のガブリエル・ロドリゴは、前戦で骨折した右鎖骨を手術。母国グランプリへの参戦を目指して、リハビリに取り組んでいる。

Moto3™クラス‐決勝レース‐ハイライト