Tickets purchase
VideoPass purchase
News
16 days 前
By motogp.com

ポンシャラル「ザルコは我々にインパクトを与えました」

ザルコとフォルガーのチームマネージャーが強烈な印象を与えた新人たちのデビュー戦となったオープニングランドを検証。

モンスター・ヤマハ・テック3のチームマネージャー、エルベ・ポンシャラルは、開幕戦カタールGPで2016年型のYZR-M1で高い戦闘力を見せた2人の新人、ヨハン・ザルコとジョナス・フォルガーのパフォーマンスを振り返った。

「彼らのポテンシャルを信じて契約しましたが、中量級から昇格したばかりにも関わらず、あれほど速い走りを見せてくれるとは期待以上でした。遅かれ早かれ、ある程度の順応期間が必要です。確かに緒戦はサプライズでしたが、プレシーズンのオフィシャルテストも驚きでした。通常、オフィシャルテストではプレッシャーがありません。ジョナスは非常に神経質でしたから、オフィシャルテストのようなパフォーマンスを発揮できなかったことは驚きではありません。トラックコンディションも助けにはなりませんでしたが、ヨハンは大変印象的でした。」

「大変大きな誇りを感じました。我々は「本当に勇敢だけど、本当に悪く終わってしまうかもしれない」と、話しをしていましたが、1ラップ目をトップで通過し、グループから逃げ、ファステストラップを刻みました。グッドだったテストの後でしたが、このようなパフォーマンスを期待していませんでした。」

「大きな失望でした。ヨハンはガレージに戻って来て、起きたことを正確に伝えてくれました。多くの人たちが考えていたこととは違い、プッシュして転んでのではないと説明しました。バイクの良い感じがあり、ちょっとしたアドバンテージがあったことから、「さあ、落ち着いて、あまりリスクを冒さないようにしよう」と、彼は自分自身に言い聞かせましたが、リラックスしたことで、2コーナーで走行ラインを少しだけ外してしまい、その代償はあっと言う間でした。我々にはこのような瞬間に対応する経験があまりありません!「前で走れることができ、ロッシ、ビニャーレス、マルケスらと一緒にレースができることが見えた。もう一度トライしよう」と、私に宣言しました。このような態度でガレージに戻って来て、謝罪し、起きたことを正確に説明できるライダーは稀です。彼は周囲の人たちに対して敬意を持ち、大変正直な人柄です。」

「カタールでは、10位と転倒リタイア。アルゼンチンでは、これ以上の成績を挙げたいです。もしかしたら、我々にとって有利な状況ではないかもしれませんが、ヤマハは大変戦闘的なバイクを提供してくれ、ヨハンのパフォーマンスが偶然でなく、再現できる能力を証明しましょう」と、