初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By Reale Avintia Racing

バルベラ「バイクの限界を見つけよう」

2戦連続の13位だった後、上位進出を目標にフロントのフィーリングとセッティングを追求。

レアーレ・アビンティア・レーシングのエクロル・バルベラは、前戦アルゼンチンGPで開幕から2戦連続の13位だった後、左鎖骨骨折からほぼ完治した今週末は、初開催の2013年から18位、15位、12位、9位だったサーキット・オブ・ジ・アメリカズで、デスモセディチGP16を走らせてから課題のフロントのフィーリングとセッティングを追求する。

「サーキット・オブ・ジ・アメリカズに乗り込む。ストレートと高速コーナーではポテンシャルが重要となり、ドゥカティに適したトラックだ。今はバイクの上で絶好調ではないけど、状況を一転させる分岐点となるだろう。フィジカル面は強化され、あとは上位陣に接近するために、バイクの限界を見つけるだけだ」と、週末の課題を説明した。

Seguimos sumando entrenos. nunca había llegado a los 300 km en bicicleta.... reventón

Héctor Barberáさん(@hectorbarbera8)がシェアした投稿 -