初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By Repsol Honda

マルケス「初表彰台獲得を目指す」

転倒リタイアを喫した後、2013年から4年連続のポール・トゥ・フィニッシュを達成したサーキット・オブ・ジ・アメリカズに挑戦。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、前戦アルゼンチンGPの転倒リタイアで総合4位から8位に後退した後、パーソナルソポンサーのイベントのため、2年連続してブラジルを訪問。今週末は、初開催の2013年から4年連続のポール・トゥ・フィニッシュを達成したサーキット・オブ・ジ・アメリカズに乗り込み、2013年のラグナセカ、2013年から2015年までのインディアナポリスを含めて8連勝、2011年から2年間の中量級を含めて10連勝を達成したアメリカで、ポイントリーダーとの37ポイント差を詰めに行く。

「アルゼンチンの後、当然、ベストなポジションで乗り込みたかったけど、オースティンのような大好きなトラックに行けることが嬉しい。とにかく、レースウィークエンドが始まる。シーズンの初表彰台獲得を目指して100%を尽くそう。良い思い出があり、開催日程の中でベストグランプリの1戦。様々なタイプのコーナーと多くの方向転換など好きなレイアウトで、このスポーツに対するアメリカンスタイルの楽しみ方とサーキットの雰囲気が好き。さあ、どうなるか楽しみだ」と、アメリカ行き前に抱負を語った。

マルク・マルケスの困難を克服した勝利