Tickets purchase
VideoPass purchase
News
24 days 前
By motogp.com

フリー走行3:フェナティが今季初の1番手に進出

フェナティとマルティンが1、2番手。初日総合1番手のカネトは最速ペースで周回。鳥羽は13番手、佐々木と鈴木は15番手と20番手。

Moto3™クラス‐フリー走行3

第3戦アメリカズGPのフリー走行3は22日、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、総合5位のロマーノ・フェナティが昨年7月の第9戦ドイツGPフリー走行1以来となるトップタイムをマーク。昨年4月の第2戦アルゼンチンGP以来となるフリー総合1番手に進出した。

気温17度。路面温度23度のドライコンディションの中、初日総合3番手のフェナティは、4度のコースインで14ラップを周回すると、2分17秒台を4回、2分16秒台を1回記録。2分16秒273の1番時計を刻めば、初日総合4番手のホルヘ・マルティンは、2度のコースインで14ラップを周回すると、2分17秒台を3回、2分16秒台を1回記録して、0.206秒差の2番手。

初日総合1番手に進出したアロン・カネトは、ライバルたちがセッションの終わりに新品タイヤを入れた中、中古タイヤで最多の16ラップを周回すると、2分17秒台を最多の7回、2分16秒台を最多の2回記録して、0.497秒差の3番手、フリー走行2のタイムで総合3番手。

初日総合15番手のダーリン・ビンダーは、0.776秒差の4番手に浮上。初日総合8番手のエネア・バスティアニーニ、初日総合13番手のニコロ・ブレガ、初日総合10番手のニッコロ・アントネッリ、初日総合5番手のフアンフラン・グエバラ、初日総合7番手のアンドレア・ミニョ、初日総合17番手のファビオ・ディ・ジャンアントニオがトップ10入り。

初日総合2番手のジョアン・ミルは、1.381秒差の14番手、フリー走行2のタイムで総合10番手。

初日総合20番手の鳥羽海渡は、14ラップを周回して1.361秒差の13番手、総合14番手に浮上。初日総合12番手の佐々木歩夢は、12ラップを周回して 1.385秒差の15番手、総合15番手。初日総合16番手の鈴木竜生は、14ラップを周回して 2.047秒差の20番手、総合21番手だった。