Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ロッシ「この結果は期待していなかった」

オースティンでのベストリザルト、開幕から3戦連続の表彰台を獲得し、ポイントリーダーに浮上。

Support for this video player will be discontinued soon.

決勝レースインタビュー

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第3戦アメリカズGPの決勝レースで、1列目3番グリッドから3.069秒差の2位に入り、開幕戦カタールGPから3戦連続の表彰台を獲得。14ポイント差の総合2位から6ポイント差のアドバンテージを広げる総合1位に浮上した。

ウォームアップ走行で4番手に進出した後、フロント、リア共にミディアムコンパウンドのタイヤを選択すると、3番手走行中に4番手のヨハン・ザルコと接触。コースを飛び出し、コースをショートカットしたことから、0.3秒差のペナルティが加算されたが、最終的な結果に影響がなかった。

「マルケス、ビニャーレス、他のライダーたちは、『ロッシ・テリトリー』を困難にさせるだろう。だけど、ヨーロッパラウンドを迎えられることが嬉しい」

「正直、この結果は期待していなかったからすごく嬉しい。2015年のバレンシア以来となるポイントリーダーに返り咲いたけど、マルケスとビニャーレスは非常に強いから、ポジションを維持することは難しいだろう。だけど、全員の前に位置することは特別だ。特にオースティンで一度も2位で終われたことがなかったから、今日のレースが嬉しい。マルケスが速かったのは不運だったけど、グッドなリザルトだ。」

「ザルコはミスを犯したと考える。非常に速く進入してきた。危険だ。Moto2ではないことを理解すべき。Moto2クラスでは、バイクが全てイコールだから、少し遅く進入しても何もないことがあるけど、MotoGPでは落ち着く必要がある。幸運にも彼の進入が見え、真っすぐに飛び出したけど、正直、他の手段はなかった。ザルコはグレートなライダー。非常に速いけど、注意しなければいけない。ペナルティが表示されたサインボードを見なかった。知らなかったけど、少しアドバンテージがあったことは幸運だった。」

「マルケス、ビニャーレス、他のライダーたちは、『ロッシ・テリトリー』を困難にさせるだろう。ヨーロッパラウンドを迎えられることが嬉しい。常に誰かの後ろに位置するのは少しフラストレーションだから、このポジションを維持できるように、常に日曜に速くなれるように懸命に働こう」と、ザルコとの接触とペナルティを振り返り、次戦からのヨーロッパラウンドを喜んだ。