Tickets purchase
VideoPass purchase
News
11 days 前
By Pull&Bear Aspar Team

バウティスタ「巻き込んでしまったことを悪く思う」

後方からプラクティスで掴んだペースで巻き返していたが、フロントを失って転倒を喫した際にミラーに激突。

プル&ベア・アスパル・チームのアルバロ・バウティスタは、第4戦スペインGPの決勝レースで、17番グリッドから12番手走行中の6ラップ目、1コーナーで今季4度目の転倒を喫した際に、前を走っていたジャック・ミラーに激突。開幕戦カタールGPに続き、今季2度目の転倒リタイアで総合12位から14位に後退した。

「不運にもジャックと一緒に転んでしまった。突き飛ばした行為は、あまり良いイメージではないけど、僕が彼を転ばせてしまったから理解できる」

「彼を抜こうとした。いつものように、イン側から進入したけど、今回は路面がデリケートな状態で、フロントを失ってしまった。不運にもジャックと一緒に転んでしまった。残念だけど、後方からのスタートではこのようなことが起きてしまう。僕のペースは良かったし、ポジションを上げていた。」

「あの瞬間、頭に血が上って熱くなっている。突き飛ばした行為は、あまり良いイメージではないけど、僕が彼を転ばせてしまったから理解できる。彼がピットボックスに来て、グッドな走行ラインだったけど、フロントを失ってしまったことを説明した。最後には、起こり得るアクシデントだったと理解してくれた。転んでしまったこと、特に他人を巻き込んでしまったことを悪く思う。」

「転倒する前までは、良い感じで走れていた。路面はデリケートだったから、落ち着いて、ポジションを挽回していた。レース後半が重要なことが分かっていたけど、転倒してしまえば、計画は役に立たない。良い感触があった」と、転倒とミラーとのインシデントを説明した。