Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By Ducati Team

ロレンソ「僕のバイクだと感じ始めている」

必要としていた走り込みに着手し、3位を獲得したセットアップよりも効果的な解決策を発見。

ドゥカティ・チームのホルヘ・ロレンソは、第4戦スペインGPの決勝レースで、8番グリッドから今季初表彰台となる3位を獲得した後、昨年ポールポジションから優勝を挙げた次戦フランスGPを前に、オフィシャルテストに参加。

デスモセディチGP17のセットアップをはじめ、ミシュランが準備したフロントタイヤのテストプログラムに着手。11度のコースインで50ラップを周回すると、1分40秒台を12回、1分39秒台を15回記録して、0.489秒差の6番手。

「新しいフロントタイヤを試すことができたけど、コーナーの中間地点で良いグリップがある週末まで使用したタイヤを好む」

「現実的には、新しいことにトライしなかったけど、決勝レースで使用したセットアップより、幾つか効果的な解決策が見つかった。全体的にとても嬉しい。特に走行距離を重ねることができ、本当に僕のバイクだと感じ始めている。新しいフロントタイヤを試すことができたけど、週末まで使用したタイヤを好む。これは僕の意見で、特にコーナーの中間地点で良いグリップがあるから」と、好天候の中で必要と強調していた走り込みができたことを喜んだ。