初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
9 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ビニャーレス「バイクの快適さを感じる」

ウェットコンディションでバイクのフィーリングを追求し、ステップ・バイ・ステップで向上したことを説明。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、第5戦フランスGP初日のフリー走行1で10番手。フルウェットのトラックコンディションとなったフリー走行2は、トップタイムから1.221秒差の8番手。初日は3.840秒差の総合10番手だった。

「ポジションは重要ではない。それは、ウェットでのフィーリングであり、バイクが良くなったことが大切だ」

「グッドな1日となった。雨の中でバイクを少し良くすることができ、バイクの快適さを感じる。ウェットで僕たちはステップ・バイ・ステップで良くなっている。最後に新品タイヤを履かなかった。遅すぎたし、ドライタイヤで僅か2ラップしか周回できなかった。」

「最終的に、ポジションは重要ではない。それは、ウェットでのフィーリングであり、バイクが良くなったことが大切。良い仕事ができるように、ドライとなることを願う。僕たちのバイクは、ここで良く機能するから、もう一度、グッドなリザルトを獲得できる」と、初日を振り返り、上位進出に自信を見せた。